上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 予冷ターボエンジンをご存じだろうか?簡単に言ってしまえばターボジェットエンジンのオバケである。従来のジェットエンジンでは速度が速くなるほど取り込む空気が高温となり、あまりに早く飛ぶと圧縮機やタービンが高温に耐えきれず破壊されてしまう。この問題を予冷ターボエンジンは-250℃の液体水素により取り込んだ空気を冷却しエンジンの過熱を防ぐことにより解決し、従来のジェットエンジンの技術を使いながら限界速度マッハ6という驚異的な速度を出すことを可能にした。これは世界最速と言われた超音速偵察機SR-71ブラックバードの約二倍の速度である。予冷ターボエンジンは今月一日に小型用の実験用エンジンの燃焼実験を成功させ実用化への一歩を踏み出した。

 しかし、もっとも注目すべきはこのエンジンによってスクラムジェットエンジンの可動域まで加速することが可能となった点だ。スクラムジェットエンジンは空気を圧縮機に頼らず高速で吸気口に入ってくるときの動圧(ラム圧)で圧縮し燃焼させる非常にシンプルかつ強力なエンジンであり論理上マッハ4~15までの非常に広い可動域を誇る。実際にこれを搭載したNASAの無人実験機、X-43が2004年11月14日に行われた実験でマッハ9.8という記録をたたき出し、現在世界最速の航空機として名を残している。ただ、使用するにはマッハ4まで加速させる必要があり単体での使用は不可能である。その為X-43はペガサスロケットによりM4まで加速させた後でエンジンに点火するという方法をとった。今回の予冷ターボエンジン一は実用化されればロケットエンジン以外でスクラムジェットエンジンの可動域まで加速できる初のエンジンとなる。

300px-Scramjet_operation.png

スクラムジェットエンジン:使用可能速度域M4~15 画像はウィキペディアより掲載

 すなわち予冷ターボエンジンとスクラムジェットエンジンを併用することによって、最高でマッハ0~15までの速度域をカバーする極超音速航空機を実現させることが可能となる。この超音速航空機はJAXAが計画中のスペースプレーンの運用航空機として使用される見込みである。このスペースプレーンはスケールド・コンポジッツ社のスペースシップワンのように大気圏内で運用航空機によってある程度の高度と速度を得た後運用航空機から切り離されロケットエンジンによって大気圏外へと脱出するという再利用性の高いものとなる。どうやら、私が思っていたよりも早くスペースプレーンや超音速旅客機が実用化される日が近づいているようだ。

・スクラムジェットエンジン-Wikipedia
・ジェットエンジン-Wikipedia

・スペースシップワン-Wikipedia

・スペースプレーン-Wikipedia

・極超音速エンジンの燃焼実験成功=日米間2時間の旅客機実現に前進−宇宙機構
・早稲田大学基幹理工学部機械科学航空学科・機械科学専攻 佐藤研究室|Research
・宇宙航空機に適用する予冷ターボエンジンの性能解析
・ジェットエンジンの電動モーターを用いた回転試験の制御及び計測システム
・スクラムジェットエンジン正味推力、マッハ8飛行条件で世界で初めて実証
・システム|予冷ターボエンジン
・極超音速ターボエンジン
・予冷ターボエンジン
スポンサーサイト
・ステルス爆撃機のハイテク・レーダ実用評価テスト開始ー
・米空軍F-15戦闘機のレーダ性能向上を推進
・米空軍、F 15A~D型機に再度、地上待機を命令。経年機体で構造破壊の可能性
・米空軍、F-15の飛行を再停止 構造部分に亀裂が見つかる
・米空軍、ステルス戦闘機F22A『ラプター』の寒冷地でのブレーキ性能確認テスト実施
・アラスカで寒冷地耐久試験中のF-22ラプター
・三菱「MRJ」、最新のアビオニクス・システムを選定

《B-2の記事より引用》
[ワシントン発12月1日=デービッド・ハルスタム]米空軍の"虎の子"兵器、B2『スピリット』ステルス爆撃機でハイテク・レーダー導入の実用評価テストがこのほど始まった。『AESAレーダー』の採用で超遠距離で敵戦闘機探知を図るだけでなく強力な電磁波発射でミサイルを空中撃破可能な潜在能力も秘めるという。米軍が進めるB2爆撃機の21世紀前半の敵爆撃能力確保と絶対制空権維持の目玉だ。

 これはミサイルを騙して自爆させるのか、それとも電子レンジのように電波のエネルギーで火薬に発火させるのかは不明。もし後者の方であるとすればとんでも無いエネルギー量である。こんな物がB-2に積まれるのだから末恐ろしい。また、再びF-15の飛行停止処置がとられたが、この一件で空自の方でも再びF-15の飛行を停止することになるのだろうか?前回ではF-2の事故によるF-2の飛行停止と重なって正常に防空任務を行っている戦闘機が退役が間近に迫るF-4だけになってしまった時がある。約200ものF-15を保有する日本にとってもこのF-15の飛行停止は無視できないニュースである。

・FC2 Blog Ranking

 数学的な概念をアニメーションで視覚的に表すことにより非常に解りやすく解説しています。これらはコンピュータープログラムなどの情報技術の分野で利用されているそうです。まあそんなこと関係無しに、こういう物は見ていて面白いものです。
【カラー電子ペーパ】
・ITmedia News:世界初「カラー電子ペーパー」端末発売
・電子ペーパー - Wikipedia

 とうとう「カラー電子ペーパー」が商品化したようです。何でも一度表示すれば電源を切っても表示が消えないという優れものです。どうでもいいですが何か色々と使えそうでワクワクします。あとモニター関係でもう一つ。

【液晶モニタの低コスト化技術】
・Technobahn サイエンス : 東工大、セメントを金属に変えることに成功

 この技術を応用すれば従来の液晶モニタに使われている希少金属を使わなくてすむ分液晶の製造コストが安く済みます。結果として液晶の販売価格も安くなります。早く実用化していただきたい物です。あと値は張りますがこのようなモニタもあります。

【有機EL】
・有機エレクトロルミネッセンス - Wikipedia
・セオレム ソニー、東芝が有機ELで激突 その裏側は


 なんでも液晶やプラズマよりも映像は綺麗と聞きます。従来のプラズマや液晶よりも薄くでき、更にある程度の柔軟性も持つため結構汎用性は高そうです。ただ、まだまだ課題も多く値段もえらい高いそうな。

<独り言>
 どうでも良いけど生きているうちに三次元モニタ(光学迷彩に使われてるアレ)という物が見てみたい。そう思う今日この頃。

・FC2 Blog Ranking

・ITmedia News:色が変わる「スマートサングラス」、米大学が開発


 そう言えば小説でこんなサングラスがあったような。


マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮 マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮
冲方 丁 (2003/05)
早川書房

この商品の詳細を見る
・Technobahn - 航空機: 米国政府、テロ対策で主要民間飛行場にレーザービーム兵器を配備の方針

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 操縦席に警報が鳴る。

・副操縦士「機長、大変です!」

・機 長 「何だね。」

・副操縦士「地上より、本機に向けてミサイルが発射されました!」

・機 長 「ほほう、そうかそうか。」

 事態に顔色を全く変えない機長。後方から迫り来るミサイル。

・副操縦士「そうかそうかって、何のんきに・・・」

 苛立つ副操縦士。なにやら機械を弄りだす機長。

・機 長 「まあそう騒ぎなさんな、ほれこのとおり。」

 ロックオンされ迎撃されるミサイル。唖然とする副操縦士。

・副操縦士「・・・んな馬鹿な!?」

 機内にお客へのアナウンスが流れる。

・機 長 「ハハハ、驚くのも無理はない。儂も最初そうだった。」

・副操縦士「いったいどんな魔法を使ったんです?」

・機 長 「なんだ、聞いてなかったのかね。」

・副操縦士「はあ、こちらに来てからまだ数日ですから。」

・機 長 「まあ仕方ないな。実はお偉いさん方の決定でテロ対策にレーザーが配備されたんだ。」

・副操縦士「そんな物があるんですか。」

・機 長 「なんだかんだ言っても21世紀だ。」

 そう言って機長が笑う。

・副操縦士「まったく物騒な世の中ですね。」

・機 長 「なに、いつの時代も世の中は物騒さ。」

・FC2 Blog Ranking
・もう気象予報士は必要ありません、IBMが天気予想システム「ディープサンダー」を開発(Technobahn)

 なんかチェス世界チャンピオンを負かしたプログラムを作った所が今度は天気予想システムとか言う何か凄そうな代物を開発したそうです。なにやら二日先まで気象を予想でき、なおかつその気象情報をCGとして出力できるという便利機能付きだそうな。もっとこういう便利な物が増えていけばいいなぁ。

・FC2 Blog Ranking
・米空軍の天文観測所?対衛星レーザービーム兵器
「スターファイヤー」(Technology)


・ボーイング、エアボーンレーザーを関係者に公開
あらゆる種類の弾道ミサイルの迎撃が可能(Technology)


・MTHML(israeli-weapons)

・戦術高エネルギーレーザー
(THEL: Tactical High-Energy Laser)(Wikipedia)


 レーザーって有りますよね。といっても、よくマンガやアニメで出てくるようなあっちのレーザーです。そんな空想で活躍する未来兵器も、もはや実用化の日は近いようです。(ソース参照)何でもレーザーですからね。打ち出す"モノ"が時速/kmとか音速とかそんなちんけなもんじゃなく文字通り光速で飛んでいきますからね。的に当たるまでのラグが無視できるほど早いもんだからミサイル等の迎撃に非常に役立つみたいです。攻撃兵器と言うよりも防御兵器として非常に優秀な訳です。コンピュータ制御で百発百中なのだ。

・・・これなんてSF?

(追記)
 けど、結局兵器は血なまぐさい戦争に利用されるだけなんだろうね。守るすべが増えるにしても。良い方向に転がるとは限らないしね。。。

・FC2 Blog Ranking

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。