上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あいるびーばっく!

いやーようやく戻ってこれましたよ。いや、長かった長かった。ただでさえ更新頻度の低いこのブログをほったらかして何やってたかというと、ちょっと自衛隊方で導入教育受けてました。

うん、入隊しちゃいました。航空自衛隊。


不安だらけで入隊したわりに思いのほかどっこいやってます。ちなみに今は飛行隊のある基地で戦闘機を特等席で眺められるような所で勤務しております。まあ仕事の性格上あまり詳しくは話さない事にします。(うっかり余計なことをポロッと書いてトラブルになると面倒なので)

とりあえず無事にパソコンやネットなどのインフラを一通り整備できたということで、また気が向いた時に更新します。ついでにとりあえずといった感じで立てたこのブログですが、この機会に全体的にリニューアルする予定です。あまり期待せずにまた気が向いたときに覗いてみてください。
スポンサーサイト
319becce.jpg

・英国旗「ユニオン・ジャック」がウェールズ国旗を組み入れたデザインに変更か
・2ちゃんねらーが考案した国旗デザインが英紙に掲載される

・2ちゃんねらー提案の「新イギリス国旗」、英大手新聞サイトに

・「JAPが国旗の解決案を提示してきやがった!」ねらーの送ったデザインが掲載される

・◆イギリスは今日も平和です。
・ Japan offers to solve 'Union Jack problem'

 英国の大手高級紙「Telegraph」のWebサイトに、2ちゃんねるで作られた英国国旗の新デザイン案が掲載され話題となっている。見ての通りネタを重視した作品も多いため、まさか「Telegraph」のような大きなところでのせられるとは思っても見なかった人が多かったらしく所々で動揺の声も聞こえてきた。さて、これらの画像を作ったコラ職人の心境はいかに。

・FC2 Blog Ranking
 コカコーラにメントスを入れると大量の炭酸が発生しボトルの中のコーラが吹き上がるという話を聞いた事がある。数日前コーラとメントスを見かけ、魔が差してやってみたくなってしまった。その場の勢いに任せコカコーラ(ペプシ)500mlとメントス(グレープ味&レモン味)二つを購入し自宅で早速試してみた。

【実験道具】
・真夏の車の中で温くなったダイエットペプシ500ml一本(炭酸健在)
・同じく車の中で柔らかくなったメントスグレープ味四粒
・なんの変哲もないただのコップ一つ
・2本じゃ手が足りないのでしょうがなく手伝うことになった弟一人

【実験内容】
 私が右手に持ったコーラのボトルに弟がメントスを四粒投下、それと同時に弟はすぐさま危険区域より離脱、そしてボトルから吹き上がるコーラを左手に持つコップで受け止める。これにより資源の無駄を防ぐ方針である。ただしこの実験によって発生する被害は予想がつかない。各自細心の注意を払い実験に臨むこと。説明は以上である。

私「warning! warning! 危険区域にいる人間は関係者以外直ちに区域外に待避しください」
弟「何やってるんだ?」
私「気分は大切だ!」
私「カウント十秒前、メントス投下よーい!」
弟「ああ、ちょっと待てって!」
私「メントス投下準備完了、投下5秒前!」
私「3...2...1... impact!」

(゚Д゚)!?!?

出来事は一瞬、投下した瞬間またたく間にコーラが吹き出し周りに散乱、残ったのは中身の2/3を失ったボトルと申し訳ない程度にコーラの入ったコップのみであった。こんなのをコップで受け止めようとか思った私が馬鹿でした。

ちなみに残ったコーラを飲んでみると全く炭酸が抜けていた。甘ったるくて飲むのが辛いくらいだ。あと多少メントスの味がした。上記のような実験の際は汚れても問題のない服装で挑みましょう。

【ディスカバリーチャンネルの特集にてさらなる馬鹿を確認】

・ITmedia +D LifeStyle:プチプチ無限地獄へようこそ

 プチプチプチプチプチ・・・・・・・・・・あの緩衝材のプチプチを潰すという行為は皆誰もがやった経験があるはずです。あの何故かひたすら潰したくなる絶妙な感覚はいったい何なんでしょう。それを半永久的に楽しめるという悪魔の道具をどっかの暇人が作ってしまったそうな。恐らく、そのうち人という人がプチプチを止められなくなり人類は静かに滅亡に向かうはずです。

 どうでも良いですが、明日から私の学校では学校祭が始まります。今日はその前日祭がありまして、成り行きで出し物のミステイクN高(女装&男装)に出場しました。結果は、何故か我々のクラスが2位。まさか上位に食い込むとは思もしませんでした。とりあえず今年で最後の学園祭なので、楽しんでこようと思います。

・FC2 Blog Ranking
 今も昔も日本人は二次元萌である。物的証拠として春画という物があったりする。まあそんなことはさておき、最近あるゲームで、海外の人に「なんてこった、奴ら正気じゃない!」と言わしめた物がある。

・日刊スレッドガイド : Xbo360「Forza 2」 日本職人によるペイントカーに開発チームも驚き
・Forza Motorsports 2 画像うp

 一見画像ファイルを貼り付けたのではないかと思われるでしょうが。これらのペイントは全てソフトについているツールで手作業で行われている。しかもこれは簡単な図形しか使えないため気の遠くなる数の図形を重ねて作られており、職人が技法まで確立している。改めて日本は職人の国で有ることを実感する。海外の人はこんなツールでここまでに物を作ろうとは思わないだろう。ちなみにこの手の特注ペイントカーはオークションで高レートで取引されていたりする。なんというか、この世界はひたすらに果てしない。
・各種関連リンク:F-35
 ・コックピットあれこれ
 ・F-35戦闘機のヘルメット搭載型ディスプレイシステムが怖すぎる件 : Gizmodo Japan
 ・垂直離着陸可能なステルス戦闘機「F-35」の組み立て写真とムービー - GIGAZINE
 ・JSF(ジョイント・ストライク・ファイター)X-35/F-35
 ・Aviation Now/航空の現代
 ・The Lockheed Martin F-35 Joint Strike Fighter (JSF)
 ・Welcome the F-35 Lightning to the USAF - Topic Powered by eve community
 ・World's Armed Forces Forum
 ・F-16.net :: View topic - F-35 Graphics
 ・JSF.mil > F-35 > Technology

 このF-35ですが、気になったのがHUDすらない大きなディスプレイのみの特徴的なコックピットです。HUDはいったい何処へ消えたかというと、なんとヘルメットの方に引っ越しているとか。上記のリンクで解るとおりヘルメットがハイテクの塊です。というか何ですかこのSF映画でも違和感なく登場できそうなデザインは。さらにコックピットのモニターですが、周波数を合わせてテレビを受信しても快適に見れそうです。まあ無理ですが。なんだかこれらを見てるとやはり新型機だなとつくずく思います。いったい四半世紀後にはどんな物が空を飛んでいるのやら想像しがたい今日この頃。

・FC2 Blog Ranking
 今回、F-22ラプター、F-35ライトニングII、B-2スピリット等の最新鋭航空機の動画を集めてみました。それらの解説もふまえご紹介したいと思います。

・F-22 Raptor:最初の第五世代戦闘機
 F-22 (戦闘機) - Wikipedia
 さて、近頃の軍用航空機はステルス性を重視したボディによりUFOじみた容姿が特徴的です。現在、最強の新世代戦闘機として名高い F-22 Raptor に至ってはスーパークルーズ能力を備えた最新鋭のエンジン及び二次元推力偏向ノズルと優れた電子機器による高度なアオビニスクによりその機動すらもUFOじみてきました。しかし、なんと言ってもラプターの最大の武器はその優れたステルス性能です。その性能たるや、目視は出来ているのにF-15のレーダーには映らないというほどのステルス性能を持ち合わせています。その為、戦闘において非常に優れた優位性を持っています。その他様々な最新技術を駆使して作られたこのラプターは、F-15を五機同時に相手をしても同等、又はそれ以上に有利に戦えるというなんとも恐ろしい戦闘機です。余談ですが、正式採用されたラプターの水平尾翼は台形から5角形のYF-23のような形に変更されています。
・Movie:F-22

 YouTube - F-22 RAPTOR DEBUT
 YouTube - USA Air Force F-22 video clip 2
 YouTube - F-22 for demo FBW update
 YouTube - F22(何か墜落してない?)

・YF-23 Black Widow II:ラプターとの競争に敗れたステルス戦闘機。
 YF-23 (航空機) - Wikipedia
 上方向に角度のついた特徴的なV字型尾翼を採用した意欲的な機体。ステルス性と搭載量及び航行速度はラプターよりも上だったとされる。現存する機体は二機、それぞれ「スパイダー」と「グレイゴースト」という相性がある。その二機は現在、実験場の片隅で静かに眠っていると言われている。
・Movie:YF-23 Black Widow II


・F-35 Lightning II:高い汎用性と離着陸能力
 F-35 (戦闘機) - Wikipedia
 この機体にはA,B,Cの三種類のタイプがあり、それぞれ異なった能力を持つ。A型機は空軍用に開発されている機体で、機関砲が装備されている。しかし役所がF-22と少々被るため、あまりうまみが少ない。いっそC型に統一してしまおうかという話もある。B型はハリアーの後継機として開発中の機体である。垂直離着陸能力を持ちリフトファンと下方へ曲げることが出来るエンジンノズルによってそれを行う。垂直離着陸時の変形っぷりは結構そそられる。wikiにA-10(サンダーボルトII)の後継機と書かれているが、その素晴らしき漢の機体はf-35採用後、退役してしまうのだろうか。残るC型は海軍用に開発中の機体であり、短距離離着陸能力を持つ。主な特徴は折りたたみ式の主翼と他と一回り大きな尾翼である。他よりもステルスせいが高く燃料も多く積むことが出来る。以上が各バージョンの特徴である。なおこのF-35は数千規模の大量生産を行う見込みである。
・Movie:F-35 Lightning II

 YouTube - F-35 Lightning II
 YouTube - Turkish Air Force / F-35 Joint Strike Fighter
 YouTube - JSF (Joint Strike Fighter) EOTS
 YouTube - F-35 Lightning II AA-1 Engine Test
 YouTube - F35 Lightning II Flight Testing and STOVL Capabilities

・B-2 Spirit:ジャック・ノースロップの夢
 B-2 (爆撃機) - Wikipedia
 B-2には身を守るためのチャフも、フレアも、アフターバーナーも、ミサイルもない。身を守る手段は唯一、レーダーより身を隠すステルスのみである。もう宇宙人が作ったとしか思えないような容姿を持つ世界的に有名な爆撃機。ステルスといえば真っ先に思い浮かぶのはこれであろう。このB-2世界でもっとも有名な、そして現在唯一の実用全翼機である。この全翼機はノースロップ社の創業者であるジャック・ノースロップの長年の夢であった。当時パーキンソン病に冒され余命僅かであった彼は会社に呼ばれ開発中のB-2の模型を渡された。その時彼は「今こそ、神が25年の余生を与えたもうた理由が分かった」と涙を流したという。現在、彼の祈願である全翼機はこうして世界最高の爆撃機としてその名を轟かせている。
・Movie:B-2 Spirit

 YouTube - Modern Marvels - B2 Stealth Bomber 1 of 5
 YouTube - Modern Marvels - B2 Stealth Bomber 2 of 5
 YouTube - Modern Marvels - B2 Stealth Bomber 3 of 5
 YouTube - Modern Marvels - B2 Stealth Bomber 4 of 5
 YouTube - Modern Marvels - B2 Stealth Bomber 5 of 5
 YouTube - B2 bomber - JDAM test
 YouTube - X Faktor B2 Bomber Hypermodern oder Uralt?
 パフォーマンスだとしても場違いだと思う。
・ご当地の踏み絵

● フェラガモというブランド名を初めて聞いたときは驚いた。


( ゚д゚)


・FC2 Blog Ranking

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。