上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 予冷ターボエンジンをご存じだろうか?簡単に言ってしまえばターボジェットエンジンのオバケである。従来のジェットエンジンでは速度が速くなるほど取り込む空気が高温となり、あまりに早く飛ぶと圧縮機やタービンが高温に耐えきれず破壊されてしまう。この問題を予冷ターボエンジンは-250℃の液体水素により取り込んだ空気を冷却しエンジンの過熱を防ぐことにより解決し、従来のジェットエンジンの技術を使いながら限界速度マッハ6という驚異的な速度を出すことを可能にした。これは世界最速と言われた超音速偵察機SR-71ブラックバードの約二倍の速度である。予冷ターボエンジンは今月一日に小型用の実験用エンジンの燃焼実験を成功させ実用化への一歩を踏み出した。

 しかし、もっとも注目すべきはこのエンジンによってスクラムジェットエンジンの可動域まで加速することが可能となった点だ。スクラムジェットエンジンは空気を圧縮機に頼らず高速で吸気口に入ってくるときの動圧(ラム圧)で圧縮し燃焼させる非常にシンプルかつ強力なエンジンであり論理上マッハ4~15までの非常に広い可動域を誇る。実際にこれを搭載したNASAの無人実験機、X-43が2004年11月14日に行われた実験でマッハ9.8という記録をたたき出し、現在世界最速の航空機として名を残している。ただ、使用するにはマッハ4まで加速させる必要があり単体での使用は不可能である。その為X-43はペガサスロケットによりM4まで加速させた後でエンジンに点火するという方法をとった。今回の予冷ターボエンジン一は実用化されればロケットエンジン以外でスクラムジェットエンジンの可動域まで加速できる初のエンジンとなる。

300px-Scramjet_operation.png

スクラムジェットエンジン:使用可能速度域M4~15 画像はウィキペディアより掲載

 すなわち予冷ターボエンジンとスクラムジェットエンジンを併用することによって、最高でマッハ0~15までの速度域をカバーする極超音速航空機を実現させることが可能となる。この超音速航空機はJAXAが計画中のスペースプレーンの運用航空機として使用される見込みである。このスペースプレーンはスケールド・コンポジッツ社のスペースシップワンのように大気圏内で運用航空機によってある程度の高度と速度を得た後運用航空機から切り離されロケットエンジンによって大気圏外へと脱出するという再利用性の高いものとなる。どうやら、私が思っていたよりも早くスペースプレーンや超音速旅客機が実用化される日が近づいているようだ。

・スクラムジェットエンジン-Wikipedia
・ジェットエンジン-Wikipedia

・スペースシップワン-Wikipedia

・スペースプレーン-Wikipedia

・極超音速エンジンの燃焼実験成功=日米間2時間の旅客機実現に前進−宇宙機構
・早稲田大学基幹理工学部機械科学航空学科・機械科学専攻 佐藤研究室|Research
・宇宙航空機に適用する予冷ターボエンジンの性能解析
・ジェットエンジンの電動モーターを用いた回転試験の制御及び計測システム
・スクラムジェットエンジン正味推力、マッハ8飛行条件で世界で初めて実証
・システム|予冷ターボエンジン
・極超音速ターボエンジン
・予冷ターボエンジン
スポンサーサイト
319becce.jpg

・英国旗「ユニオン・ジャック」がウェールズ国旗を組み入れたデザインに変更か
・2ちゃんねらーが考案した国旗デザインが英紙に掲載される

・2ちゃんねらー提案の「新イギリス国旗」、英大手新聞サイトに

・「JAPが国旗の解決案を提示してきやがった!」ねらーの送ったデザインが掲載される

・◆イギリスは今日も平和です。
・ Japan offers to solve 'Union Jack problem'

 英国の大手高級紙「Telegraph」のWebサイトに、2ちゃんねるで作られた英国国旗の新デザイン案が掲載され話題となっている。見ての通りネタを重視した作品も多いため、まさか「Telegraph」のような大きなところでのせられるとは思っても見なかった人が多かったらしく所々で動揺の声も聞こえてきた。さて、これらの画像を作ったコラ職人の心境はいかに。

・FC2 Blog Ranking
・ステルス爆撃機のハイテク・レーダ実用評価テスト開始ー
・米空軍F-15戦闘機のレーダ性能向上を推進
・米空軍、F 15A~D型機に再度、地上待機を命令。経年機体で構造破壊の可能性
・米空軍、F-15の飛行を再停止 構造部分に亀裂が見つかる
・米空軍、ステルス戦闘機F22A『ラプター』の寒冷地でのブレーキ性能確認テスト実施
・アラスカで寒冷地耐久試験中のF-22ラプター
・三菱「MRJ」、最新のアビオニクス・システムを選定

《B-2の記事より引用》
[ワシントン発12月1日=デービッド・ハルスタム]米空軍の"虎の子"兵器、B2『スピリット』ステルス爆撃機でハイテク・レーダー導入の実用評価テストがこのほど始まった。『AESAレーダー』の採用で超遠距離で敵戦闘機探知を図るだけでなく強力な電磁波発射でミサイルを空中撃破可能な潜在能力も秘めるという。米軍が進めるB2爆撃機の21世紀前半の敵爆撃能力確保と絶対制空権維持の目玉だ。

 これはミサイルを騙して自爆させるのか、それとも電子レンジのように電波のエネルギーで火薬に発火させるのかは不明。もし後者の方であるとすればとんでも無いエネルギー量である。こんな物がB-2に積まれるのだから末恐ろしい。また、再びF-15の飛行停止処置がとられたが、この一件で空自の方でも再びF-15の飛行を停止することになるのだろうか?前回ではF-2の事故によるF-2の飛行停止と重なって正常に防空任務を行っている戦闘機が退役が間近に迫るF-4だけになってしまった時がある。約200ものF-15を保有する日本にとってもこのF-15の飛行停止は無視できないニュースである。

・FC2 Blog Ranking

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。