上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・小惑星「Apofiz-99942」、2029年に地球3万kmの
距離に最接近・衝突の可能性も


・アポフィス (小惑星) 
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


・Possibility of an Earth Impact
in 2029 Ruled Out for Asteroid 2004 MN4(NASA)


 威力は広島型原爆の10万倍だってさ、水爆だってせいぜい3300倍なのだが。まあ、こんなのが地球にぶつかったらただじゃ住まないことはよーく解った。可能性はまあ低いらしいけど直撃はマジで勘弁して欲しい。水爆の30倍って地点でふざけてるから。地球環境激変間違いなし。事が起こったら人間はどうなるもんかね・・・。

・おまけ

 以前NHKの特集で放送された地球が出来た初期の頃の隕石の激突を再現した映像。まあ今回のヤツはこんなにデカくは無いけどさ、つくづく宇宙って広大なんだと思うよ。(´・ω・`)
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。