上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今月の七日に思い出したように降り始めた雪はいっこうに溶ける気配を見せず、それどころか日を増すごとに積もるばかりだ。
 本来この天気は一月二月の冬まっただ中の天気のはずだが、その一月と二月は殆ど雪が降らず、冬だというのに不気味なほど良い天気が続いた。前にも書いたとおり、このおかげで学校生活最後となるスキー授業がまるまる潰れてしまうというなんともムカつく結果を残した。
 その天気がこのまま続いたかというと周知の通りそんなことはなく、三月だというのに真冬まっただ中まで天気が戻ってしまった。もはや三寒四温などという生やさしい言葉では片付けられない事態だ。もう神様がうっかり冬を忘れていたのではと思わずには居られない。きっと天国にテレビがあるのならば天国気象管理局のずさんな管理がニュースを賑わせているに違いない。
 まあそんなどーでもいい小話はさておき、いきなり降り始めた雪はもう降らないと油断しきっていた我々雪国の人間にとってとんでも無く迷惑な代物でした。何せ雪支度をしまい始めた矢先に降り始めたものだからさあ大変。冬タイヤから普通のタイヤに変えてしまった人や家の囲いを取っ払っちゃった人、営業を終了した矢先に雪が降り始めたスキー場、等々なんともまあご愁傷様としか言えないような話がちらほらと聞こえてきます。やはり降るべき物は降るべき時に降るべきだ日々としみじみと感じています。

<追記>
 さて、明日でテストも終わりだ(´・ω・`)

・FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。